毎日うんこ。時にセクハラ。


by unkotosekuhara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

僕の音楽の聴き方2

僕は中学の頃、電車で1時間30分かけて登校していた。
毎日その長い通学時間を過ごすために、MDウォークマンは必須である。
同じ曲を何度も何度も聴いた。

いつもと変わらず音楽を聴きながら登校している時、
ふと、「聖徳太子は何人もの話を同時に聞き取ることができる」という話を
思い出した。

たしかに人が話すのを何人も同時はきついよなー思い
ちょっと試してみようと思った。

今イヤホインからたくさん音が流れているわけだ。
これは同時に聴いているんでは?
と思いつつも、冷静にどういう風にきいているのか確認してみた。

どうやら、基本的に気になるパートを中心に、
こーグルグルっときいているみたいだ。

やはり、同時に聴き取るというのは無理なのか?
でも、実際音は流れているわけだから、脳には伝わってるわけだよなー・・・といろいろ考えた。

ようは認識できているか、できていないかの差かも?と思いはじめた。

んー・・・確かに、1パートをはっきり聴き取っているわけだが、他もなんとなく聴こえてるし、
そのなんとなくが気になってそっちのほうに集中してしまったりするよな・・・とか考えだした。

じゃあ、ためしに同時に聴き取ってみようと思い、実行してみた。
まずは2パート・・・

あぁ・・なんだできるじゃん。

じゃあ、3パート・・・・んー・・・できるな。

じゃあ4パート・・・ちょっとかたよりがちだがいけるな。

じゃあ5パート・・・6パート・・・とどんどん増やしていった。

意外といけるものである。
でもすごい集中力がいる。やはり何かの音にかたよりがちだ。

でてる音を全部同時に認識した時、いわばトランス状態的ですごい気持ちよかった。
この時、すごい衝撃的だったのを覚えている。

南海高野線の新今宮駅につくくらいの時、一人満員電車で興奮していた。

たしか曲はラクリマとかだった気がするw

意外に、すぐ簡単にできるようになり、何回かその聴き方をしているうちに
音に聴こえる場所があることに気づいた。

たいていの曲がバスドラは首の裏側くらい、そのちょっと上にベース音、ギターは耳の両端付近、ボーカルは頭の中心くらい・・・(ミキシングのことを知っていれば当たり前のことだが、この当時ミキシングもくそも何もしらなかった)

音のポジションがわかれば、同時に聴き取るのもたやすく、なんか広がるイメージで音楽が聴けた。

この時をきっかけに、また音楽が好きになり、音楽を聴く楽しみ方が増えた。
[PR]
by unkotosekuhara | 2005-11-19 01:33 | 音楽